« 得意分野で貢献する | トップページ | 教師の業 »

若者をメチャクチャ可愛がる

40代の勤務時間は自分のために半分、周りのために半分ある。このくらいに考えるのがいい。私はそう考えています。40代の労力は自分のために半分、周りのために半分ある。このくらいに考えるのがいい。私はこうも考えています。つまり、40代の時間と労力のうち、自分のために使えるのは半分なのだということです。半分の時間と労力で自分の仕事のすべてをこなさなければならない。そういうことです。

自分の学級は多くて40人。一般には30~35人くらいでしょう。担任をもちながら学年主任、生徒指導主事、教務主任をするという場合、自分の学級にだけ時間と労力をかけ、主任業務については最低限の事務仕事だけしていれば良いという考え方では、仕事を全うしたことにはなりません。学校の児童生徒全員に責任をもつ、主任クラスがもつべき意識とはそういうものです。学校経営に参画するとはそういうことなのです。

しかし、自分の躰は一つ。自分一人が同時に子どもたちを指導することはできません。とすれば、職員室の先生方が気持ち良く仕事に取り組める環境を整える、力量のない先生が力量を高めていく環境を整える、そうした環境設定によって間接的に責任をもっていくしか方法はないではありませんか。そうです。40代になったら、学校経営に参画する立場になったら、自分の仕事だけでなく、周りの先生方の仕事の環境を整えることに時間と労力の半分を費やさなければならないのです。

さて、周りの先生方の仕事の環境を整えると言われても、何をして良いのやら……と思われるかもしれません。しかし、まず第一にすべきことは実はとても簡単なことです。だれにでもできることです。それは職員室の若者たちをメチャクチャ可愛がる、ということです。自分の学級の子どもたちと同じように、どんな若者も分け隔てなく、均等に愛情を注ぐことです。

教師は自分の後輩を可愛がるというとき、どうしても自分と似たタイプの若者をかわいがりがちです。授業研究を得意として生きてきた教師は授業研究を得意とする若者を、生徒指導を得意として生きてきた教師は生徒指導を得意とする若者をひいき目に見てしまいます。また、自分の得意な分野を教育の根幹であり、それさえやれればすべてがうまく行くとでも言わんばかりに強調してしまいがちです。そういう先輩のもとでは、若者たちも、「オレは授業研究ができないからなあ…」とか「私は生徒指導が苦手だからなあ…」などという劣等感に陥ってしまいます。生き生きと仕事をすることができません。実はこれがいけないのです。

自分と似たタイプの若者には「お前を見ていると自分の若い頃を見ているようでヒヤヒヤするよ」なんて言いながら、また、自分と異なるタイプの若者には「オレはそういうの若い頃できなかったなあ。お前がうらやましいよ」なんて言いながら、どの若者も分け隔てなくメチャクチャに可愛がってあげるのです。日常の職員室の談笑の際に、さりげなくこんなことを言ってあげる。ときには若者たちを呑みに連れ出し、こんなふうに肯定してあげる。こうしたこそが、環境設定の基礎の基礎なのです。

もしかしたら、みなさんは、最近の若者が先輩からの呑み会の誘いを迷惑がるようになった、付き合いが悪くなったというひと昔前のマスコミの喧伝を信じ続けているかもしれません。しかし、実はそうした若者たちは既に30代になっています。現在の20代は人付き合いをとても大切にするようになってきています。もちろん全員がとは言いませんが、10年前と比べれば、みんなで飲みに行くこと、みんなで取り組むちょっとした行事など(BBQなどですね)を一緒に楽しめる世代になって来ています。むしろ、現在の40代の自分たちが若かったときの方が付き合いがよくなかったのではないかとさえ感じられるほどです。断られたら…と変に怖れることなく、思い切って誘ってみることをお勧めします。

さて、話をまとめます。自分の学級の子どもたちに対して、このタイプは可愛がるけどこのタイプは可愛がらないという人はいないはずです。社会人なんだから…と変に厳しい目をもたずに、若者たちを正面から可愛がってみてください。現在の若者たちはすくすくと育っていきます。

|

« 得意分野で貢献する | トップページ | 教師の業 »

書斎日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若者をメチャクチャ可愛がる:

« 得意分野で貢献する | トップページ | 教師の業 »