« 手帳は年版を使う?年度版を使う? | トップページ | お世話になります/登壇予定 »

石川晋×堀裕嗣「ふたり会」in福岡

2014年5月5日(月)/ももちパレス

子どもをつなぐ、子どもがつながる~「横糸」の学級づくり・授業づくり

http://kokucheese.com/event/index/163998/


2010年以来、4年振りとなる石川×堀「ふたり会」が2014年度前期に全国6箇所(札幌・鹿児島・福岡・名古屋・大阪・東京)を縦断します。各回テーマを変えて、教師として子どもたちにかかわり続けることの意味・意義を深く考えていきます。もちろん、すぐに明日からの学級づくり・授業づくりにすぐに役立つネタも満載です。『教師をどう生きるか』(学事出版)の著者二人が全国主要都市で徹底的に提案します。



【プログラム】

09:45~09:55 受付

09:55~10:00 開会セレモニー

10:00~12:30
ワークショップ「教室ファシリテーションの実際」/堀 裕嗣

13:30~14:30
講座「対話がクラスにあふれる学級づくり」/石川晋

14:30~15:30
ワークショップ「対話がクラスにあふれる言語活動」/石川晋

15:45~16:45
対談型Q&A「対話がクラスにあふれる教室ファシリテーション」
石川晋×堀裕嗣


【講師紹介】

石川晋(いしかわしん)
北海道旭川市出身
北海道教育大学旭川校修士課程修了
河東群上士幌町立上士幌中学校教諭
NPO法人授業づくりネットワーク理事長
主な著書に『エピソードで語る 教師力の極意』『「対話」がクラスにあふれる!国語授業・言語活動アイディア42』(明治図書)、『これならうまくいく!笑顔と対話があふれる校内研修』『学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ』『中1ギャップー中学校生活になじむ指導のポイント』(いずれも学事出版)、『中学校学級担任のためのポジティブコミュニケーションカード』(民衆社)、『中学校国語科学習ゲーム~授業づくりの活性化につながる体験的な学び~(DVD)』(ジャパンライム)、明日の教室DVDシリーズ第14弾「文学の授業~読む・解く・書く~」(Kaya)などがある。
<ブログ> http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/
<連絡先> zvn06113@nifty.com

堀裕嗣(ほりひろつぐ)
北海道湧別町出身
北海道教育大学札幌・岩見沢校修士課程修了
札幌市立北白石中学校教諭
「研究集団ことのは」代表
主な著書に『教師力ピラミッド~毎日の仕事を劇的に変える40の鉄則』『教師力トレーニング・若手教師編~毎日の仕事を劇的に変える31の力』『スペシャリスト直伝!教師力アップ 成功の極意』『エピソードで語る 教師力の極意』『教室ファシリテーションへのステップ1~3』『THE 教師力』シリーズなど(以上明治図書)、『学級経営10の原理・100の原則』『生徒指導10の原理・100の原則』『教室ファシリテーション10のアイテム・100のステップ』『一斉授業10の原理・100の原則』『コミュニケーション能力って何?』など(以上学事出版)、『堀裕嗣のツイートを読み解く』『反語的教育論』(以上黎明書房)など。
<ブログ> http://kotonoha1966.cocolog-nifty.com/blog/
<連絡先> hori-p@nifty.com

|

« 手帳は年版を使う?年度版を使う? | トップページ | お世話になります/登壇予定 »

研究会案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/55807539

この記事へのトラックバック一覧です: 石川晋×堀裕嗣「ふたり会」in福岡:

« 手帳は年版を使う?年度版を使う? | トップページ | お世話になります/登壇予定 »