« いい時間だった | トップページ | 1月16日(木) »

1月15日(水)

1.久し振りに6:45に起きて出勤準備。かなり余裕を持って出たのに大渋滞で遅刻10分前に学校着。始業式。生徒たちの様子は2学期とあまり変わらない。昔は1年生の3学期は大きく変わったものだが……。通知表を回収し、各教科10分間の冬休み明けテスト。国語は動詞・形容詞・形容動詞の活用表を15問。出来はまあまあ。学年会の後、昼食。採点を終わらせたところで仕事がなくなったので15時に年休を取って退勤。採点は最高度の集中力でものすごい勢いで終わらせた。こういうことがいつまでできるだろうか(笑)。

2.【拡散希望/受付開始/定員30】
堀裕嗣&土作彰の二人会in東京/授業づくりから学級づくりへ/若手模擬授業&解説のコマあり/2014年3月27日(木)/東京都立産業貿易センター(JR浜松町徒歩5分)/3000円
http://kokucheese.com/event/index/139308/

3.【拡散希望/受付開始/定員75】
「学級づくり」改革セミナー全国大会/新学期目前!学級経営のオピニオンリーダーに学ぶ会in東京/赤坂真二・多賀一郎・土作彰・堀裕嗣・堀川真理/2014年3月28日(金)/東京都立産業貿易センター(JR浜松町徒歩5分)/4000円
http://kokucheese.com/event/index/138988/

4.【拡散希望/定員40/残席17】
金大竜×堀裕嗣「ふたり会」in東京/2014年2月8日(土)/貸会議室内海(JR水道橋駅徒歩1分)/3000円/授業開き&学級開き
http://kokucheese.com/event/index/135439/

5.【拡散希望/定員30/残席3】
教室実践力/ALL堀裕嗣セミナーin新潟/2014.02.16(日)/新潟市東区プラザ講座室1/一斉授業10の原理・100の原則&チーム力で目指す「子どもをつなげる学級づくり」
http://kokucheese.com/event/index/135776/

6.【拡散希望/受付開始/定員30/残席4】
教室実践力/ALL堀裕嗣セミナーin東京・春/2014年3月8日(土)/貸会議室内海(JR水道橋駅徒歩1分)/学級開きの基礎基本
http://kokucheese.com/event/index/137466/

7.【拡散希望/受付開始/定員30/残席15】
金大竜×堀裕嗣「ふたり会」in名古屋/2014年3月22日(土)/名古屋市南生涯学習センター/3000円/授業開き&学級開き
http://kokucheese.com/event/index/139016/

8.【拡散希望/受付開始/定員30/残席17】
教室実践力/ALL堀裕嗣セミナーin名古屋・春/2014年3月23日(日)/名古屋市南生涯学習センター/学級開きBASIC & 学級開きADVANCE/今回は「学級開き」に特化したセミナーです。
http://kokucheese.com/event/index/139022/

9.【拡散希望/仙台初登壇です】
東北青年塾/2014年3月29日(土)/仙台市・戦災復興記念館
http://seinenjuku.abetaka.jp/?eid=1401116

10.【拡散希望/受付開始/定員20/残席11/初の仙台開催です】
教室実践力/ALL堀裕嗣セミナーin仙台/2014年3月30日(日)/仙台市・戦災復興記念館/学級づくりBASIC & 授業づくりBASIC
http://kokucheese.com/event/index/139035/

11.思考するには枠組みがいる。新しい枠組みを提示することを人は「提案」と呼び「主張」と呼ぶ。しかし、新たな枠組みを編み出すことは、必然的にその枠組みからこぼれ落ちるものを産み出す。僕らはそのこぼれ落ちるものに自覚的になる必要がある。「抽象化すること」と「捨象すること」とは同義なのだ。英語ではabstractと言う。僕はこのこぼれ落ちるものをこそ拾い集めたいという意識をもっている。最近の教育改革によってこぼれ落ちていくこの国の教育の良さを。そしてそれを取り戻すための新しい方策を。それが「チーム力」と「ファシリテーション」の提案なのだと考えている。

12.11日の愛知の講演。12日の学校教育相談学会の講座。14日の帯広の講演。帰宅するとこの三つの講演の主催者からお礼のメールが届いていた。帯広は少し参加者を拡大した校内研修会だったのだが、研修担当の先生が先生方の感想を送ってくれた。
「言葉が出ない。今まで苦しんでいる教師が救われるし、確実に学校が良くなる方法だし、これを言ってくれる人を待っていました」
「わかりやすかった。言いにくいこともはっきりといったうえで説得力がすごかった。ところどころ胸に刺さる人が自分も含めていたと思う。チームとなる必要性がよくわかった」
もちろん、一部の方の感想に過ぎないのだろうが、こういう感想をもってくれた方がいたことだけでも、言った甲斐があったというものである。

13.【拡散希望/定員50/残席2】
金大竜×堀裕嗣「ふたり会」in大阪/2014年2月1日(土)/西淀川区民会館/3000円/授業開き&学級開き
http://kokucheese.com/event/index/133134/

14.何かを見るということは、何かが見えなくなることだ。何かに焦点を合わせることは、何かから焦点をずらすことだ。あっちに焦点を合わせたときどうなるか、こっちに合わせたときはどうか、こちらなら、あちらならを繰り返して精度を上げていく。そうした営みを通ったものだけが「提案」の名に値する。

15.明日は山田洋一くんの学校に校内研修会に講師として赴く。年が明けて、4日の函館BRUSHから休みなしでずいぶん忙しい毎日だったが、明日でひと段落である。山田くんの学校に行くのは昨年に引き続きなので気は楽だ。これが終われば、20日間ほど公務に専念できる。若者たちもはりきっているようだし、3学期はいろいろなことを若者たちに任せながら運営していくつもりだ。いよいよ一人ひとりの資質と能力を発揮してもらう段階に入る。あと2ヶ月半…。

16.90年代からゼロ年代ってのは、自分たちをプロレタリアートと規定して特権階級が搾取されていると批判していた人たちが、いつのまにか非正規雇用者、パートタイマーや派遣社員、フリーターやニート、主婦や学生などなどの新しい勢力によって、いつのまにか自分たち自身が特権階級にされてしまっていることに気づかざるを得なかった、そんな20年間だったのだろうな。

17.真・善・美ってのは社会が共通の目的に向かっているときには絶対的な基準があるように思えているけれど、現代(いま)は真も善も美も相対的なものでしかあり得なくなってしまった。イデオロギーとか教養とか所作とかが成立しなくなったのはそのせいだ。

18.【拡散希望/受付開始/定員30/残席16】
教室実践力/ALL堀裕嗣セミナーin名古屋・春/2014年3月23日(日)/名古屋市南生涯学習センター/学級開きBASIC & 学級開きADVANCE/今回は「学級開き」に特化したセミナーです。
http://kokucheese.com/event/index/139022/

19.【拡散希望/定員40/残席16】
金大竜×堀裕嗣「ふたり会」in東京/2014年2月8日(土)/貸会議室内海(JR水道橋駅徒歩1分)/3000円/授業開き&学級開き
http://kokucheese.com/event/index/135439/

20.「DiY文化」という語を初めて知った。「Do it Yourself」の略であるそうだ。一人ひとりがやりたいことを始めるうちに、それらが触発し合い文化が創発されていく。そういった概念であるそうだ。教育界に使えそうな用語である。職員研修にも子どもたちの活動にも。

|

« いい時間だった | トップページ | 1月16日(木) »

今日のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/54622251

この記事へのトラックバック一覧です: 1月15日(水):

« いい時間だった | トップページ | 1月16日(木) »