« 9月1日(土) | トップページ | 今月のお知らせ/2012年9月 »

生徒たちには言えないこと

41auw68lcll__sl500_aa300_諏訪哲二の新著『生徒たちには言えないこと~教師の矜持とは何か?』を読んだ。久し振りに諏訪節を堪能した思いがした。諏訪哲二といえば、埼玉教育塾(所謂「プロ教師の会」)の代表であり、90年代から2000年前後にかけて河上亮一とともに、「生徒の変容」とそこから見える「社会の変容」を見据え、学校教育において教師がどのように生徒たちに対すべきかを現場教師の実感によって提案してきた論客である。私は1966年生まれであるが、私たちの世代は彼等の論述に随分と刺激を受けてきたものである。

しかし、私は今回の著作を読み通して、諏訪の論述が古いという思いを禁じ得なかった。副題ともなっている「教師の矜持」、つまり教師が本来矛盾した要求の中でアクロバティックな位置で動かなければならない構造があるという点に対してではない。私が古いとの思いを抱かざるを得なかったのは生徒たちの分析であり、生徒たちと学校との対峙の構造であり、総じて学校教育が置かれている立ち位置についての現状認識である。諏訪は2001年に退職している。この十年の生徒たちの変容を実感として見据える位置にない。一時代を築き、私たちがある種の憧憬の念さえ抱いた諏訪哲二という教師の類い希なる頭脳が、運命(さだめ)とはいえ、いまや過去のものになろうとしていることに愛惜の念を禁じ得ない。

諏訪は80年代に入って、生徒たちに学校文化が通用しなくなったと述べる。市場の論理が生徒に自分は一人前の主体であると認識させ、教師の権威性を子どもたちの内部で否定させるとともに、教師と生徒の関係を五分と五分と捉えさせるようになった、と。ここまでは従来からの諏訪の論理である。おそらくここまでは間違ってはいない。私は諏訪の言う80年代の生徒であったが、私たちの世代の実感と照らしても齟齬はない。

しかし、諏訪の問題は、諏訪が世に出て二十年間、生徒たちに対する分析がこの80年代的生徒のまま一歩も進んでいないところにある。80年代の生徒たちは確かに当時の教師たちを驚愕させるに足る変化を示しただろう。しかし、90年代から00年代にかけては、80年代を凌駕する変化を生徒たちが示したというのが私の実感である。そしてそこには、諏訪の言うような市場の論理が生徒たちを主体としたというだけでは説明しきれない状況認識がある。

市場の論理が生徒たちに「自分は一人前の主体である」と認識させた。それが教師の権威性を失わせ、学校文化を崩壊させた。諏訪に限らず、教師の側に視点を置く論者の多くは、学校文化の崩壊をこのベクトルで構図化する。しかし、ひとたび生徒たちの側に視点を据えるならば、別の世界が見えては来ないか。「お前は一人前の主体である」と突きつけられた生徒たちは、教師の権威性を認めず学校文化に従わなくても良くなったかわりに、「一人前の主体なのだから、うまくいかないことはすべてはお前の責任だ」と言い渡されていたのである。

諏訪哲二は教師が生徒たちに「ほんとうのこと」ではなく「建前」を教えよと言う。本来、子どもが大人へと成長する過程においては、個人個人の「真実」よりも万人に通ずる「建前」が教えられることこそが大切な時期があるのだ、と。それが80年代的な「生徒の変容」によって成り立たなくなった、と。しかし、生徒たちが学校文化において教師の「建前」を受け入れなくなったことは、生徒たちの生きる社会が「建前」で動かなくなったことを意味しない。市場の論理は「努力した者が報われる」「学生時代にオール1でも、やる気が出たら頑張れる」「みんな仲良くつながるべき」といった「建前」のとおりに成功した者を崇め続けてきたのである。

90年代、「自分探し」という概念が流行した。その概念はバブル崩壊、就職難とともに「フリーター」の増大へ、更には00年代に「ニート」論へと展開されていった。「癒やし」という概念も流行した。「ひきこもり」という概念も流行した。00年代に入ってからは、「バトルロワイヤル」「デス・ノート」「リアル鬼ごっこ」といったバトル系の流行もあった。その一方では、向上を目指さなくなった若者たちの登場、所謂「下流志向」も話題となった。一見ばらばらに見えるこれらの流行概念は、私の言う「一人前の主体なのだから、うまくいかないことはすべてはお前の責任だ」と言い渡された若者という補助線を引けば、一つの図としての姿を表す。

諏訪哲二は言う。
  「よくポストモダンになって近代の大きな物語が消失したと語られる。一人ひとりの思ったり考えたりすることを社会的に統合する大きな幻想が消失したというのである。そうなると、みんなが小さな物語をそれぞれ持つようになったと考えられ易いが、実はそれぞれの思うこと、考えることが、大きな物語と見なされるようになったのである。」(69頁)
  様々に主張し消費する主体の意識としてはこの分析は正しいかもしれない。しかし、主体の裏側、主張し消費しない部分において、生徒たち、若者たちの間では「一人前の主体なのだから、うまくいかないことはすべてはお前の責任だ」という圧力が大きな物語として機能していたのではなかったか。そしておそらく、この大きな物語は若者たちばかりでなく、大人をも無意識のうちに包括していたのである。しかし、本稿の主眼はそこにないのでこれ以上は触れないこととする。

なぜ、他ならぬ「自分」を探さねばならないのか。それは失敗したら自分のせいなのだから、失敗しない在り方を探さねばならないという強迫観念故だろう。そのためには普通に就職して「組織と個」の軋轢の中に身を置くよりも、「フリーター」や責任を持たされることのない「派遣社員」として自らを「失敗しない位置」に置くのが望ましいと考えるのは道理である。そうした柔軟性を持たぬ者が「ひきこもり」と呼ばれる生き方を選ばざるを得ない。その中の一部は「ニート」などという本人が全く望まない称号を与えられる。

21世紀に入ると景気回復幻想も消え、闘って勝利した者だけが生き残れるという機運が生まれる。00年代になると同時に教室であちらこちらで『バトルロワイヤル』を読む生徒たちの姿を見かけたが、その多くは男子生徒であった。しかし、00年代中庸には、教師から見れば真面目でおとなしいと思われる女子生徒までが、朝読書で「リアル鬼ごっこ」を食い入るように読むまでになっていた(『ゼロ年代の想像力』宇野常寛)。これはちょうど、ヤンキー予備軍と目される女子生徒たちがケータイ小説の恋愛格闘に夢中になっていた時期と重なる(『ケータイ小説的。』速水健朗)。当然、世の中が勝利者たれと闘いの機運に包まれれば、そこから「降りる者」も現れる。上昇志向を持たない若者、所謂「下流志向」(内田樹)が話題となるのも時代的必然であったのだ。

90年代から00年代にかけて、一貫して衰えないのが「癒やし」の流行である。老若男女に拘わらず求める「癒やし」という名の自己逃避は、私には自己責任意識から一瞬でも逃れたいという叫びのように思える。スポーツイベントでの集団的熱狂やネットでの炎上など、名も無き者たちの集団による「カーニヴァル」(『カーニヴァル化する社会』鈴木謙介)にも同様の構図が見て取れる。

私は諏訪に言いたい。学校教育において確かに生徒たちに「建前」は通じなくなった。しかし、生徒たちはかつての生徒たち以上に「建前」に搾取され、陵辱され、精神を掠め取られているのだと。事は学校教育を守る方向で考えれば良いほど単純ではないのだと。

|

« 9月1日(土) | トップページ | 今月のお知らせ/2012年9月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/46915283

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒たちには言えないこと:

« 9月1日(土) | トップページ | 今月のお知らせ/2012年9月 »