« STEVIE WONDERを聴きながら眠りに就いたら真夜中にこんな夢を見た | トップページ | 「資格がないのよ」と彼女は言った »

パネル・チャット

〈パネル・チャット〉は平成10年に全員参加型の交流システムとして、私が研究仲間とともに開発したものです。略称〈PCS〉(パネル・チャット・システム)といい、大まかにいえば次のような流れで行います。

①ある課題に対する生徒たち全員分の意見を色画用紙(=パネル)に書き、教室(できれば、普通教室二つ分程度の広い特別教室がふさわしい)の壁に掲示する。
※この際、一目でわかるように、意見の傾向別に色画用紙を色分けしておくとなお良い。

②20分程度の時間をとり、掲示されたパネルを読み合う。この時、自分が意見を述べたいパネルに対して、付箋に意見と氏名を書き込み、パネルの下に貼付する。この時間をアプローチ・タイムという。
※付箋の色は、賛成・補足意見を青に、疑問・質問を黄色に、反対意見をピンクに書くこととする。
※付箋は一人三枚以書くこととする。
※アプローチ・タイムは個人作業の時間とし、生徒同士の交流は一切禁止とする。
※一枚も付箋の貼られないパネルが出ないように配慮する。

③15分程度の時間をとり、自分のパネルの下に貼付された付箋を読む。その後、付箋によって自分に疑問や意見をくれた生徒のところに行き、疑問に答えたり最反論したりして、自分の意見を深める。これをフリー・ディスカッション・タイムという。

④自席に戻り、アプローチ・タイム、フリー・ディスカッション・タイムで深められた自分の意見を課題に即して記述する。

たったこれだけの交流システムです。次のような利点があります。

第一に、生徒たち全員分のパネルが全員に公開されているため、誰もがどの意見に対しても働きかけることができる、という点です。〈PCS〉は、一度に四十の意見に対して、四十人がスクランブルに働きかけられるシステムになっています。

第二に、アプローチ・タイムやフリー・ディスカッション・タイムにおいて、すべての生徒たちが同時に交流や議論を行える、という点です。これは従来型の授業はもちろん、〈ペア学習〉や〈ファシリテーション〉にもない利点といえます。

第三に、フリー・ディスカッション・タイムにおいて、生徒たち全員が自分のパネルに対する意見について、あくまで自分の問題意識に従って深めることができる、という点です。通常、話し合いや討論、交流活動というものは、ペアであろうと四人であろうと一斉授業であろうと、その瞬間瞬間には一つの論題・一つの意見しか検討の俎上に載せられません。ということは、その瞬間瞬間には俎上に昇っている論題に対して興味を抱いていない生徒がいる可能性がある、ということです。これに対して、〈PCS〉は生徒たちがそれぞれ自分の興味・関心に従って議論することができます。いくら自分に貼られた付箋とはいえ、自分が議論したくない論題である場合には議論しないことが許されるのです。これも〈ペア学習〉や〈ファシリテーション〉にもない利点といえます。

第四に、フリー・ディスカッション・タイムの意見交換は、生徒たち全員が自らの問題意識に基づいて対話しているため、話し合いや討論にありがちな成績上位者のみの意見交換に陥らない、ということです。〈PCS〉は成績上位者は成績上位者なりに、成績下位者は成績下位者なりに誰に臆することもなく発言し交流することができるシステムになっています。

第五に、アプローチ・タイム、フリー・ディスカッション・タイムともに教師の自由がきくため、学習活動に難のある生徒、特別な支援を要する生徒に対して個別指導する時間として使える、ということです。

〈PCS〉は〈ワールド・カフェ〉同様、人数制限がありません。学年集会や全校集会でも応用が可能です。学年集会で一つのテーマについて交流することによって、個々人の意見を深めようという場合に効果的なアイテムです。

また、一単位時間での活用ではなく、パネルを一週間ほど廊下掲示し、情報をもっている生徒・保護者・教員から参考意見をもらうのにも適しています。例えば、「総合的な学習の時間」において個人課題をつくる場合に、全員がその課題をパネルとして廊下掲示します。一週間の間に参考意見を募集します。「その課題ならこういう方法があるよ」「その課題にはこういう書物があるよ」といった情報を様々な人たちからもらえるわけです。

|

« STEVIE WONDERを聴きながら眠りに就いたら真夜中にこんな夢を見た | トップページ | 「資格がないのよ」と彼女は言った »

書斎日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パネル・チャット:

« STEVIE WONDERを聴きながら眠りに就いたら真夜中にこんな夢を見た | トップページ | 「資格がないのよ」と彼女は言った »