« 第2回・先生のためのとっておきセミナーin札幌 | トップページ | 教材を教えるのか、教材で教えるのか »

病み上がりの一日

倒れるぞ倒れるぞと思っていたら、やっぱり倒れた。高熱で二日間の欠勤。インフルエンザでなかったのがせめてもの救い。学校に行くと、まわりの先生方も生徒たちも妙に優しい。学年の生徒も欠席者多数。そろそろうちの学校も怪しくなってきている。来週末は学年末テストなのだが、大丈夫だろうか。

スキー学習で3組の担任。欠席7人。「オレ、今日は弱ってるから、指導させるなよ」が第一声。「はーい」と生徒たち。

授業は5時間。2年生の国語が4時間、1年生書写が1時間である。書写は図書室読書。国語は付属語の解説が1時間、方言と共通語が1時間、残りの2クラスはワークである。病み上がりだったので、楽な授業ばかりで助かった。放課後は生徒会役員と年度反省の打ち合わせ。そして送別集会ビデオの写真選び。17時30分に退勤。

病み上がりの一日。

|

« 第2回・先生のためのとっておきセミナーin札幌 | トップページ | 教材を教えるのか、教材で教えるのか »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/38804202

この記事へのトラックバック一覧です: 病み上がりの一日:

« 第2回・先生のためのとっておきセミナーin札幌 | トップページ | 教材を教えるのか、教材で教えるのか »