« 受付開始!さっぽろ・秋の陣 | トップページ | 「さっぽろ・秋の陣」終了 »

どうしようもなく長い時間というものがある

どうしようもなく長い時間というものがある。

退屈だからとか疲れているからとか、そんな現象的な理由など何もない。ただ時間が長いのだ。自分という存在を有意義に心象させるものが何もない、いまこの自分に価値を見出させてくれるものが何もない、そんなときただ無意味に時間は過ぎていき、そしてそんなとき、ただ時間の長さだけが意識される。

今週はまさにそういう一週間だった。

むだな会議、むだな打ち合わせ、待ち時間、職員室から離れられない電話待ちの十数分、そんな時間が日に何度もある。自分のペースで進められる仕事は授業だけ。そんな一週間だった。

本を読む時間だけはずいぶんとあった。今週読んだ本は7冊。新書を5冊に小説を1冊に学術書が1冊。これらは有意義といえば有意義だったのだが、7冊も読んだ割には生産に結びつくものが1冊もなかった。生活の時間に無駄が多い分、活字を追う思考も活性化しなかったのかもしれない。つまり、別の機会に読んでいれば生産に結びついたのかもしれない。そう思わないでもない。

|

« 受付開始!さっぽろ・秋の陣 | トップページ | 「さっぽろ・秋の陣」終了 »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/37145668

この記事へのトラックバック一覧です: どうしようもなく長い時間というものがある:

« 受付開始!さっぽろ・秋の陣 | トップページ | 「さっぽろ・秋の陣」終了 »