« 大整理 | トップページ | リーダーのいなくなった最近の学級・2 »

教育実習生

7年振りに教育実習生を受け持っている。昨日の始業式から2週間。大学4年生なので、既に小学校での5週間の実習を終えた、いわゆる「副免実習」である。

1校時に1時間だけ授業を見せ、2校時には「このとおりにやってみろ」と、いきなり授業をやらせてみる。教育実習生をもつと、いつも最初はこのパターンで取り組ませる。一つは「実習度胸」とでも言うべき、中学生をこわがらない前提をつくらせるため。もう一つは同じ授業内容だというのに、自分と指導担当教諭と間の授業の機能度に大きな差があることを実感させ、その違いがあるのはなぜなのかを当事者意識をもって考えさせるため。スタートでこの二つの意識をもたせることができたら、既に教育実習は成功すること間違いない。

今回の実習生もそれなりにいろいろなことを考えたようである。私が見せた授業のあと、今日は3時間、実際に授業をしてみたのだが、その3時間で目に見えて進歩していった。それが証拠である。

あと、たった8日である。

自分なりに何かをつかんで大学に戻ってくれれば、それでいい。

|

« 大整理 | トップページ | リーダーのいなくなった最近の学級・2 »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/36338283

この記事へのトラックバック一覧です: 教育実習生:

« 大整理 | トップページ | リーダーのいなくなった最近の学級・2 »