« 第3回累積科学国語教育研究大会 | トップページ | 授業がくずれた… »

さて、どうしたものか。

やっと酒疲れが抜けた感じ。今度こそ深酒をやめよう……と決意はするのだが、きっと無理。この決意を人生で何回、いや何十回したことか。

いま、授業は2年生が「扇の的」の音読テストや「平家物語」冒頭の筆記テスト。1年生が陰山プリントを用いての小学校1・2年の漢字テスト。テストテストで処理が面倒ではあるが、授業らしい授業でないのが、この二日間にはとてもよかった。普通に教師がしゃべり続ける授業だったら、きっと二日間もたなかったに違いない。

今日、職員会議が約1時間で終わった。全体に関わる議論でない限り、意見が出ない。そういう雰囲気だった。やっとなんとなく、そういう雰囲気になってきた感がある。つまらないことに時間を使うのはナンセンスだ。会議は短い方がいい。議論しても無駄なことというのがある。職員会議の俎上に載せるにはエゴが過ぎるということがある。職員室にそうした共通理解ができると、実は職場が前向きになる。個人の益・不益を基準に意見を言っていると、会議は長くなり、職場は後ろ向きになる。教職に限らず、どんな職場でも職場とはそういうものである。

帰宅後は24日(土)の「中学校国語科授業づくりセミナー」の準備。二つの講座をもつのだが、一つ目は資料が一応完成。とは言っても、PPTもプリントもいずれもこれまでの焼き直しだから早かっただけ。もう一つはそうはいかない。さて、どうしたものか。

|

« 第3回累積科学国語教育研究大会 | トップページ | 授業がくずれた… »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/34312940

この記事へのトラックバック一覧です: さて、どうしたものか。:

« 第3回累積科学国語教育研究大会 | トップページ | 授業がくずれた… »