« ぼくには最初から勝算があった | トップページ | REALLY LOVE YA »

Wの悲劇

先日録画しておいた「Wの悲劇」を見た。

昔見た薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」は、夏樹静子原作の「Wの悲劇」が劇中劇になっていたが、今回はちゃんと原作を描いている。

菅野美穂があまり好きではないぼくにとってはそれほど興味もなかったのだが、小日向文世が出演していたことと、TBSがそれなりに力を入れていそうなドラマだったので見ることにした。予想通り、小日向文世はいい味を出していた。この役者をぼくは「白線流し」の特番で初めて見たのだが、役柄は限られるが、非常に味のある役者である。

今回、驚いたのは真矢みきである。

ぼくは宝塚出身の女優をあまり好まない。品はあるのだが、演技が大袈裟すぎて、どうもぼくの感覚には馴染まないのである。

ところが、今回のラスト近く、事実を自供する真矢みきはずいぶんとはまっていた。それまで、池内淳子で引っ張ってきた感のあった主題がらみの「女の性(さが)」の描き方が、この場面で一気に真矢みきの演技によって包み込まれた感があった。演技が大袈裟……というか、台詞まわしはあくまでも大袈裟だったのだが、なんとも表情のつくり方が見事だった。大作りな顔立ちが生きる演技であり場面だったのだろう。

しかし、ドラマ全体としては、もう少し細かい描写が必要だったように思う。真矢みきの最後の表情がなかったとしたら、どうにも説得力に欠けるドラマになっていただろう。

|

« ぼくには最初から勝算があった | トップページ | REALLY LOVE YA »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/33017923

この記事へのトラックバック一覧です: Wの悲劇:

« ぼくには最初から勝算があった | トップページ | REALLY LOVE YA »