« アクロスティック | トップページ | 臨月 »

人生ベストテン

「人生ベストテン」角田光代/講談社文庫/2008.03.14

Image576初めてこの作家の小説を読んだ。セミナーで他の登壇者が講座をやっている折、暇をもてあまして入った書店で平積みにされていた。イッセー尾形が帯にコメントを寄せていたので、思わず手に取った。どうせ暇なのだからと買った。

2003年の作品らしい。

セミナー会場に戻って、森くんの講座中に表題作を読んだ。ぼくの読んだことのないタイプの小説である。女のやわらかい視座がある。したがって、ぼくの好みではない。何かを学んだり何かを感じたり、そういうことのない小説である。文章もそれほどうまいわけではない。

しかし、帰宅してソファに寝転がって、6編の短編すべてを読んだ。どうでもいい日常の中にある、ちょっとだけ変わった出会い。人生を劇的には変えないけれど、精神にはちょっとだけ何かを遺す出会い。共通して描かれているテーマは要するにそういうこと。一コマ一コマの切り取り方に特徴があると言えばある。アングルの使い方はうまいのかもしれない。

いま流行している文学性というのはこういう〈日常性〉なのだな、と感じた。そういう意味では、読んで良かったと思う。

|

« アクロスティック | トップページ | 臨月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/33112393

この記事へのトラックバック一覧です: 人生ベストテン:

« アクロスティック | トップページ | 臨月 »