« 「大雪」では表現しきれない大雪 | トップページ | Wの悲劇 »

ぼくには最初から勝算があった

生徒の演劇を見に行くという妻を送って地下鉄駅へ。帰りに狭い道を通っていたら、ワゴン車とすれ違う。いつもなら二車線ある道が今日は大雪のせいでギリギリ一車線。すれ違えない。

相手のおじさんはぼくに戻れと言う。ぼくはおじさんが戻るべきだと思う。しばらくにらみ合いが続いたあと、業を煮やしたおじさんが車から降りてきた。

「おい、あんたの方が脇道に近いだろ!」

けっこう迫力のある怖いおじさんだったが、ぼくには勝算があった。だから言い返した。

「どう考えても、おっさんが戻るべきなんだよ!」

「なんだと!」

おじさんはつり上がった目で一歩前へ出た。

ぼくは冷静に言った。

「おじさんさあ、怒るのもいいけど、どう考えてもおじさんの負けなんだよ。ここ一方通行なんだから」

少し間がある。その間の中で、おじさんの目が一気に柔和になっていく。

「あら~、マジですか……そりゃすまん」

「いえいえ、ぼくの方が脇道に近いから下がりますよ。そこから曲がってください」

「ああ、ありがとうございます」

もう一度言う。ぼくには最初から勝算があった(笑)。

|

« 「大雪」では表現しきれない大雪 | トップページ | Wの悲劇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/33017619

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくには最初から勝算があった:

« 「大雪」では表現しきれない大雪 | トップページ | Wの悲劇 »