« 講座準備完了! | トップページ | 駐車場 »

レベルアップ

国語科授業改革セミナーの8回目が終了。久し振りの北区民センターである。登壇が3回、しめて210分。少々疲れたけれども、アンケートを見ると、ぼくの言いたいことはほぼ伝わったようで、よかったなと思う。

今回は「話すこと・聞くこと」「書くこと」の言語技術と学習活動の組織化がテーマ。ぼくらが10年くらい前に盛んに研究していたこと、そしてここ5~6年はほとんど顧みることのなかったこと、更にはぼくらにとっては既に当然のことで技術としては無意識にやっている段階にはいっていること、そんな内容だった。ぼくらとしては、説明が雑にならないように配慮して話すこと、更にはもう一度これらの内容を整理し直すこと、この二つを目的として開いたセミナーである。たいして集まらないだろうと思って開催したセミナーだったのだが、集客もまずまず。仙台から、函館から、洞爺から、旭川からと、いろいろな地域の方々がこのセミナーのためにいらしてくれたことも嬉しかった。

ぼくの提案は3つ。

一つ目に、「聴衆分析」のワークショップ+「話すこと・聞くこと」の40の言語技術の提示(90分)

二つ目に、「全国学力・学習状況調査」のワークショップ+「見たこと作文」のワークショップ+「書くこと」の20の言語技術の提示(60分)

三つ目に、「看図作文のワークショップ」+「PCSのワークショップ」(60分)

「話すこと・聞くこと」も「書くこと」も、ワークショップ型で体験から学んでもらうのと同時に、ぼくが考えている全体像はこうですよという体系も提示するという構成である。かなり講座のつくり方がかたまってきたな、という自己評価である。

山下くん、森くんの講座の評判もよく、「研究集団ことのは」のセミナーが一段レベルアップしたな、という自信を深めた一日だった。特に、山下くんが自立してきたな、という印象である。

|

« 講座準備完了! | トップページ | 駐車場 »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

今回も僕のツボに入りました。
次の日、モーニングコーヒーを味わいながら、
東横インをチェックアウトするまでの間、
資料を読み直したりセミナーの内容を思い出したりしました。

国語科「読むこと」の到達目標として一例を示していただいたのですが、
とても有益でした。
少子化の影響で、免許外の先生も若干増えてきており、
その方々に分かってもらうには、指導要領を細かく説明することよりも、
ああいった例(基準)を示したほうが、理解がはやいはずです。
また、他教科の先生方にも国語科の「書くこと」の基準の一つを理解してもらいやすいです。

「起承転結」、「起承束結」の説明で引用された文章(ぼくもお母さんの料理うんぬん)も、
小学生にでも理解できる、端的で非常に分かりやすい例でした。
ありがとうございました。

投稿: ことのはファンクラブ宮城支部長 | 2009年10月13日 (火) 19時52分

過分なるお褒めの言葉にレスもしがたい部分があります。でも、ことのはファンクラブの宮城支部長は大内哲夫じゃないかなあ(笑)。早坂さんは事務局長くらいじゃないでしょうか……。

投稿: 堀 裕嗣 | 2009年10月13日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/31749603

この記事へのトラックバック一覧です: レベルアップ:

« 講座準備完了! | トップページ | 駐車場 »