« ぼくに戻る | トップページ | セミナーとイベント »

客観的…

金曜の夜である。

明日の土日が開けたら2学期である。

始業式初日から、学校祭の会議である。しかもぼくは生徒会部長である。準備は1学期の終業式にすべて終えている。でも、それから1ヶ月たって何も覚えていない。1ヶ月後のこういう自分を見越して、準備を終えて安心したという記憶だけが残っている。さっきから「なんだったかなあ…」と考えているのだが、まったく思い出せない。それでも始業式の会議で元気に提案・発言している自分がいるであろうことを確信できる。この自信はいったいどこから来るのだろう? 我ながら不思議である。

いやないやな金曜の夜。

夏休みのカウントダウンさえなければ、金曜の夜ほど開放感に包まれた時間はないというのに……。

人間とは我が儘な生き物である。物事を客観的に見るなんてことはできるはずがない。しかし、物事を客観的に見てみたいという果てしない夢を見るのもまた、人間である。

明日と明後日は研究会。

しっかりと自分の言葉で語ってこよう。

|

« ぼくに戻る | トップページ | セミナーとイベント »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/31053017

この記事へのトラックバック一覧です: 客観的…:

« ぼくに戻る | トップページ | セミナーとイベント »