« 5・4・3・2・1・初 | トップページ | 発信の契機 »

特活屋

学年協議会メンバーの表情がやわらかくなってきた。

それなりに、学年協の仕事が理解できてきたのだろう。校歌を歌う声も先週と比べて格段の進歩である。PVの撮影も順調に進んでいる。カメラを向けると笑顔がはじける。話を聴くまなざしにも鋭さが出てきた。なによりである。

今年度は学年協議会担当として、また野外学習の総務係として、野外学習を側面から本気で盛り上げようと試みている。

この「側面から」というのがミソである。上篠路では学年主任だったため、どうしても盛り上げるという視点よりも、「安全を」とか「規範を」とか「学習を」とか「意義のある交流を」とか「見栄えのする掲示物を」とか「教育課程との整合性を」とか「若手教師に仕事を覚えさせることを」とか、かたいことばかりを考えざるを得なかった。

その意味で今年度は、ぼくの最も得意とする〈特活屋〉的な仕事の仕方に専念することができる。

|

« 5・4・3・2・1・初 | トップページ | 発信の契機 »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/29326681

この記事へのトラックバック一覧です: 特活屋:

« 5・4・3・2・1・初 | トップページ | 発信の契機 »