« 教室 | トップページ | さらば上篠路… »

美しい雪

あの瞬間のイチローには、何かが憑いていた。

画面の中央に伸びてくる白球。あの白球の伸びを見たとき、よもやセンターライナーにならないだろうな…と、不安がよぎった。軌道が下に向き始め安心した。

ダルビッシュのタイムリー被安打も、川崎の初球サードファウルフライも、この瞬間のためにあったのだとさえ思えてくる。

大掃除が終わって、生徒立ちを下校させたあと、指導要録点検までの20分間の“間”。ぼくは煙草を吸いながら、車にエンジンをかけ、テレビつきのカーナビで見ていた。ふと気がつくと、2時10分から2時25分の間の15分間に、煙草を3本も吸っていた。半分興奮しながら、半分イラつきながら。

イチローの2点タイムリーを見て、エンジンを切った。ドアを開けると、外には粉雪が舞っていた。

初春の札幌らしい、美しい雪だった。

|

« 教室 | トップページ | さらば上篠路… »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/28789003

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい雪:

« 教室 | トップページ | さらば上篠路… »