« 場数を踏ませること/成功体験を味わわせること | トップページ | 美しい雪 »

教室

毎年のことだが、年度末の最後の週というのは寂しいものである。

これまで教室をはなやかに彩っていた掲示物をすべてはがす。班ポスターも、係ポスターも、当番表も、行事予定も、各種通信も、そして一年間の軌跡たる賞状も……。カレンダーだけが残る。教卓の中から、テレビ台の中から、窓際の棚の中から、物をすべて出して雑巾がけをする。

大掃除が終わると、教室が妙に殺風景になる。

4月には確かに、この殺風景な教室に入ってきたはずなのだが、この30分ほどの大掃除で、一年間の歴史が、いや、一年間の歴史の証が消える。

この一年間、1年1組という学級が確かに存在し、泣き、笑い、目標を達成したり達成できなかったり、行事で優勝したり優勝できなかったりしたという証が、消えてゆく。

そして2週間後にはまた、新たな1年1組、呼び名だけが同じの、別の時間が流れていく。

そういうものなのだ。

だって、いま、この教室には4年前、確かにあったはずの、やはり呼び名だけが同じの、かつてのぼくの1年1組は、そのかけらさえ遺っていないもの。

そんなものなのだよ。教室というものは。

|

« 場数を踏ませること/成功体験を味わわせること | トップページ | 美しい雪 »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/28772840

この記事へのトラックバック一覧です: 教室:

« 場数を踏ませること/成功体験を味わわせること | トップページ | 美しい雪 »