« 教師にとって最も必要な資質 | トップページ | アナグラム »

つながった

今日、大澤真幸の「現実への逃避」と宇野常寛の「決断主義のゼロ年代」がぼくの中でつながった。「バトルロワイヤル」も「デス・ノート」も「リアル鬼ごっこ」も、すべて「現実への逃避」の兆候だったのだ。

「引きこもり」や「心理主義化社会」に代表される90年代な心理学的なものから、「友だち地獄」や「データベース社会」に代表される2000年前後の社会学的なものへと移行してきたぼくの思考。でもそれはあくまで過去のものだった。それがわかっていながらもしがみついていた。でも、いよいよ、近未来の教育像がおぼろげながら見えてきそうだ。

もう少し熟成させる必要があるけれど、あと数歩である。そんな予感がする。あと数歩で霧が晴れる。視界が開ける。もう一つだ。もう一つだけきっかけがあれば一気に跳べる。彼岸にわたれる。

|

« 教師にとって最も必要な資質 | トップページ | アナグラム »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/27659253

この記事へのトラックバック一覧です: つながった:

« 教師にとって最も必要な資質 | トップページ | アナグラム »