« フォーマット | トップページ | 学校教育の悪循環 »

おまかせします

人間は我が儘なもので、期待が大きいとプレッシャーがかかると嘆き、期待が小さいとやる気が出ないと嘆く。

人間は我が儘なもので、好きな人に大きな期待をかけすぎてつぶしてしまい、嫌いな人に期待できないと告げてやる気をなくさせる。

果たして期待は、大きい方がいいのか、それとも小さい方がいいのか。

実はどちらもよくないのだ。大きな期待につぶされるのも、小さな期待にくさるのも、ともに驕りが要因である。人に期待しすぎるのも、人に期待しないのも、自らの驕りが言わせていることに気づかない。

その人が好きでも嫌いでも、その人を買おうが買うまいが、「あなたを信じておまかせします」と言うといい。「まかせる」と言われたとき、それが人間がもっとも力を発揮するときである。ネガティヴな感情もネガティヴな関係も好転していく、そのための大いなる一歩を踏み出すことができる。

おまかせします……なんと美しく、おくゆかしいことばだろうか。

|

« フォーマット | トップページ | 学校教育の悪循環 »

今日のひとこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154987/27439966

この記事へのトラックバック一覧です: おまかせします:

« フォーマット | トップページ | 学校教育の悪循環 »